忍者ブログ
婚活支援サイト「婚活.Com」!結婚情報サイト・結婚相談所・お見合いパーティーを徹底比較!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結婚情報サイトと出会い系サイトの違い

「ネットの婚活って出会い系サイトと同じでしょ?」

そういう意見をよく聞くことがあります。ですが、出会い系サイトと結婚情報サイト(インターネット専業の婚活支援サービス)では大きな違いがあります。というわけで、「結婚情報サイトと出会い系サイトの違い」について書き綴っていこうと思います。

最大の違いは会員意識

結婚情報サイトと出会い系サイトの違いは様々ありますが、最も大きな違いは会員の意識です。

出会い系サイトの場合、例えば最も優良とされている「ラブサーチ」のように身分証明書を提出するサイトもありますが、ほとんどの出会い系サイトが身分証明書の提示を義務づけておりません。その為、気軽に利用できる反面、会員の「本名か、独身か」などといった要素が運営によって保障されていないのが特徴です。

ソレに対し、結婚情報サイトは身分証明書だけでなく、独身証明書・年収証明書などの提示が義務付けられています。その為、気軽には登録できませんが、登録されている会員は「本名・独身・年収」などが運営によって保障されています。

この運営によって身分を保障されているところが特徴で、この身分証明の時点で結婚情報サイトからは既婚者が除外されます。出会い系サイトでは既婚者が出会い目的で利用していることも往々にしてありますから、その点は結婚情報サイトは安心感が圧倒的に違います。

また、出会い系サイトの登録の気軽さが、婚活にとっては天敵です。登録が気軽であればあるほど「結婚までは考えていない」「遊び目的」という会員が増えてしまうのです。

いくら会員が多くとも、このような会員ばかりでは婚活には向きませんよね?結婚情報サイトは登録の段階で、そういった結婚意識が薄い会員が除外されてしまうので、全体的な結婚意識が圧倒的に出会い系サイトよりも高く結婚までの交際日数が短くなる傾向があるのです。

悪質な出会い系サイトが多くなる

出会い系サイトは、悪質な出会い系サイトが多く、使えない出会い系サイトが多いのも特徴です。以前、私が出会い系サイト名データベースにて「悪質出会い系サイトの手口」というコラムを書きましたが、出会い系サイトの99%以上が悪質な出会い系サイトという事ができます。もっとも「検証!出会い系」に紹介されているような優良な出会い系サイトもありますが、やはり多いのも現状です。ですが、結婚情報サイトにはほとんど悪質なサイトはありません。

この理由は明白で、悪質なサイトというのは会員(カモ)を多く集めて、より多くの会員から金を巻き上げるのが必須です。そのため、結婚情報サイトのような「身分証明書の提出や“結婚”という意識で、会員の登録を制限してしまう」ことは、悪質サイトにとってはマイナスでしかないのです。そのため、結婚情報サイトでは悪質な出会い系サイトは皆無という状況になっています。

私の知る限り、結婚情報サイトとして紹介されているもので、悪質に近い性格を持っているのは「ピュアアイ」のみです。このサイトは婚活に使えないわけではありませんが、婚活と同時に出会い系サイトとしても会員を募集しているので、婚活には使えません。出会い系サイトと見なした方が良いでしょう。

また、会員にしても同じで、悪質・不順な目的の人は、身分証明書の提示を嫌い、結婚情報サイトは使いません。その為、結婚情報サイトは会員・運営共に優良なサイトしか残らないのです。

出会い系サイトは婚活に使えるか?

以上、出会い系サイトが婚活に関して言えば結婚情報サイトに劣ることは述べましたが、全く婚活に使えないかというとそうではないような気がします。

出会い系サイトの中にも優良な出会い系サイトはあり、例えば「ラブサーチ 」は身分証明書の提示が義務付けられていますし、なかなか良いサイトと言えるでしょう。ただ、やはり「結婚」の意識はそこまで高くない会員も多いので、やはり早く結婚したいという人には出会い系サイトは向かないかもしれませんね。逆に「のんびりとイイ人を探したい」という人には出会い系サイトもオススメすることができます。

PR

TrackbackURL

  

秀逸な婚活教本

ゼロからはじめる婚活入門 結婚達成ドリル

結婚準備・知識参考書

ブログ内検索

NINJATOOLS


Copyright ©  -- 婚活.com --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]